痴漢

図書館痴姦8 ~強制ローターアクメ編~


大人しい女性たちが多く通う場所・・・。図書館は大きな声や目立つような移動がしにくく、実は痴姦魔にとって都合の良い場所なのかもしれない。1人で読書をしている女が狙い目になる。隣の席に陣取りゆっくり距離を詰め女の反応を観る。周りに他人がいる状況で胸を触られ、下着の中に指を差し込まれマンコを直にこねくり回される。次第にエスカレートし、痴姦魔はポケットからローターを取り出し敏感になった秘部へとあてがう。図書館に微かに響くローターの音と快楽によがりながら思わず漏れだす吐息を唇を噛み我慢する表情が堪らない。
※本編に顔モザイクはかかっておりません。【JADE独占】

作品の購入はこちら

無料会員登録はこちら