昏睡・泥酔・睡眠痴漢

全裸痴かん中 突然目覚めた真面目系美女 寒空に横たわる丸太級の太もも 白い巨尻 ミニスカ ロングブーツ



商品説明

私への同情なのか、私の動画を購入して下さる方々がいる。
正業の時給と比較しては元も子もない話だが、皆さんには大いに感謝している。
この日の夜、皆さんのお陰様で久々に大好物のカレーチェーン店へ行くことが出来た。
会社員時代はよく通った店だ。
今となっては高くて食べることができない。
コンビニの弁当でさえ高いと感じてしまうほど金がない。
念願だった海の幸が沢山入ったカレーを食べた私は上機嫌だった。
腹ごしらえをし夜の街の徘徊へ向かった。
前日は逃げられてしまい、この日も諦める気持ちが強かった。
潰れている若者が多い穴場は熟知しているが、正に夜釣りのような賭け事でもある。
しかし、この夜は思いがけない場所で、驚くべき別嬪を発見したのだ。
この時の私はまだ、その後に起こる事故を知る由もない。

その場所は若者が集う地域ではなく、偶然にもカレー屋の帰りに通りかかった場所だった。
近くに飲食店は数多くあり、千鳥足の娘を見かけることはあったが、べろべろ状態の娘が集う地域ではなかった。
公園とまでは言えないが、広場の一角にある冷たく固い石の椅子に倒れている様子の女が視界に入った。
近づいてみると、若い女で色気の塊だった。

肌色のダウンジャケットに、肌色のひらひらとしたミニスカートに黒いロングブーツ。
マスク越しに見える横顔は美しく、長い黒髪、歳は二十代後半から三十代前半に見えた。
ミニスカートから覗く足は、薄いストッキングが破れてしまいそうな程に肉付きが良かった。
その足を見た時、好物のカレーで腹一杯だった腹が再び減った。

声をかけ、揺すってみたが起きない。
この娘は頂けると思った。
更に横たわる娘の尻の方を見みると、薄く下着まで見えていた。
この大都会で下着を見せながら、屋外で無防備とは何事なのか。
間違いなくのみすぎたのだ。
辺りを見回しても娘はバッグすら所持していない。
何処かへ忘れてきたのだろうか。
それとも私より非道な人間がバッグを持ち去ったのだろうか。

声をかけてみたが起きる気配はなく、私は急いで車に戻ると駐車場から急発進。
娘がいる広場の前に路上駐車し、小走りで戻った。この間、約十分ほどだが、他の男に先手を出されるかもしれないという不安が付き纏っていた。
だが私の心配をよそに、まだ娘は横たわっていたのだ。
娘に声をかけながら抱きかかえると、久々の重みを感じた。
肉付きが良い上に、身長も高い。正に私の好みだった。
好物のカレーも食し、食後の高級デザートにありつけたのだ。
今年は始まったばかりだが、今年最も良い夜になるに違いない。
有り余る興奮で、重い娘を運ぶ足取りは軽かった。
荷台へおいた後、人気のない西へ車を走らせ安全な場所で停車して荷台へ乗り込んだ。

目の前には丸々とした太ももに黒のロングブーツを履いた娘が心地よさそうにすやすやと目を閉じている。
体は大柄で肉付きが良く高身長、顔は真面目そうな美形娘。
普段は真面目に働いているのだろうが、今夜は夜遊びなのか。
まさか私のような人間に弄ばれることになるとはな。

早速、娘が着ていた肌色のダウンジャケットを開くと、スカートとお揃いのセーターが見えた。
上下同じ組み合わせ、更にダウンジャケットまで同じ色合い。
セーターの上から軽く胸に触れると、物凄い張りのある弾力感。
体の大きな娘は、やはり胸が小さい訳がない。
洋服の生地はタオルのような肌触りの良さ、何度も娘の洋服を触り興奮した。
スカートをゆっくりと捲ると、迫力すら感じる太ももの付け根。
なんと卑猥な丸太だろうか。
この力の抜けた太ももを毎晩おかずにしたい思うほどに官能的だった。

重い両足をこじ開けると、ストッキング越しに見えたのは紫色の下着だった。
真面目な顔とは裏腹に助平な下着だ。
後でじっくりと拝んでやることにし、私の興味は再び大きな膨らみの胸へと移った。

上下セットになっている肌色のセーターを捲ってゆくと、下には黒色の肌着。
その中はやはり紫色のブラジャーが見えてきた。
驚くことに黒の肌着には、腹にあたるようホッカイロが貼り付けられていた。
防寒対策までしている、しっかりとした真面目な娘。
さぞかし恵まれた家庭で育ったのだろう。
もしくは実家暮らしで、家を出る前に母親にホッカイロを手渡されたのか。
私は毎日、震えるほど寒い中、腕がちぎれるほどに重い荷物を運んでいるが、誰からもホッカイロなど渡されることはない。
私は大事に大きく育った娘の紫色のブラジャーを捲った。
出てきたのは2センチほどの薄茶色の乳輪に、吸いつきやすそうな大粒納豆ほどの乳首。
思わずブラジャーの隙間から手を入れ、生の胸と乳首をしばらく触った。

次はまた大きな尻が見たくなった。
巨尻とはこの娘のことを言うのだろう。
私は小さい尻より、大きな尻が好きだ。
力を使ったが、娘を横向きにしてみた。
ストッキングが破れてしまいそうなほど、魅力的な尻がよく拝めた。
私は思わず娘の尻の匂いを嗅いだ。
表現しようのない尻の香りは堪らなかった。
見ず知らずの特上娘の尻は癒しというより興奮という言葉が相応しい。
しばらく尻の香りを楽しみ、横向きからうつ伏せに娘を転がした。
すると太い腿と大きな尻を全て見渡すことができた。
紫の下着は透けて生尻が薄く見え、欲情を誘う。
尻が大きすぎて、下着は既に割れ目に食い込んでいる。
まさに絶景だ。
あまりに巨大な尻に、私はその尻を枕としてみたが安らぐことができないほどに興奮したのだ。

うつ伏せの娘のブラジャーのホックをそっと外し大きな尻を守るストッキングの中に手を伸ばし、既に食い込んでいる下着をTバッグの状態にした。
よだれが落ちるほどに旨そうな白く大きな尻。
これを見た私は我慢の限界に達し、迷うことなくストッキングを破った。
そして大きな尻を両手で鷲掴み、尻を押し上げながら今度は生尻の香りを確かめた。
ストッキングを脱がし、下着姿にした娘の白く弾力ある素肌を満遍なく長いこと触り続けたが、飽きることはない感触だった。
そして遂に我慢の限界を迎えた私は、娘のパンティを完全に脱がせた。
生暖かい下着を観察してみると、そこには確かな染があった。
横たわる娘が私に興奮を覚えることはないだろうが、今だけは私に興奮したと信じたかった。
夢の中の相手は私でなくとも、現実は私が娘を興奮させている。
娘の可愛らしい薄茶色の花びらが咲く中で衝動を抑えることができない私は娘の下着を頭に被り、優越感と独占欲に浸った。
この真面目そうな娘の下着を頭から被った男は私だけだろう。

少し重い娘を抱え上げて上体を起こし、背後から胸を揉み、乳首を摘んだ。
あまりの別嬪に理性を失った私は、娘を丸裸にしてしまったのだ。
服一枚も身につけない、生まれたままの娘の体。
薄茶色の可愛らしい花びらがそこに咲く。
私は思わず娘の手を握り、行為を終えた後も愉しみ続けてしまったのだ。

その時だった。
娘が急に起き上がり、私はスマートフォンを失った。
その後のことはここに記すことができないが、恐らく問題はない。
一つ大きな救いとなったのは、娘がバッグもなく所持品を持ってすらいなかったことだ。
結果は良かれだが、慣れからなのか油断した私の失態でもある。
以前ならば、職を失わないように反省しようと改心したはずだが、今の私はいつ職を失っても構わないとすら思っている。
それ程に今の仕事と環境は生き地獄だ。
私に癒しと刺激を与えてくれるのは、生娘の体だけでしかないのだ。

動画時間:約32分29秒
フレーム:1920×1080
サイズ:約1.37 GB

私自身を守る為にも動画内は娘のマスクはつけたままです。