昏睡・泥酔・睡眠姦

とある男の忘備録 名前不明


商品説明

またやばそうな人からの素材提供がありました。
ちなみにこの話はフィクションなので絶対に信じないで下さい。

彼の職場の近くで見つけた女の子らしいです。
年齢は20代後半でしょうか。
こうやって全く関係のない男からいきなり尾行されるなんてことがあるという事実が恐怖です。
たまたまその場所にいただけなのに。
彼は名前不明の彼女を気に入り、同じバスに乗り込みます。
電車とは違い、バスでの行為は相当な難易度なはず。
彼は何のためらいもなく手をスカートの中に潜り込ませます。
女の下着はブラウスを同じ紺色。
色を合わせていたのでしょうか。見えないオシャレ。
彼は大胆にもパンツを脱がせ電マを当てます。
足がガクガク。どんな表情をしているのか。恥じらいか、興奮か。
続いてあろうことかバイブを取り出す彼。
ウソでしょ?
既にヌルヌルのアソコに黒光りしたバイブが捻じり込まれていく。
気持ち良くなればなるほど膣は締まりバイブを押し出そうとする。
白濁のマン汁がバイブをデコレーションし、
バスの中で、バイブを入れられて、この女はイク。
信じられない状況。

バスを降りた後も尾行は続く。
マンションに入って行くのを見届け、ベランダに新入し部屋を覗く。
女がいなくなった隙に部屋に入り込み、飲みかけのグラスに何かを入れる。
そしてそれを飲んで寝ている女を抱えて、、、

その後のことは映像を見て下さい。
何かが効いて猛獣のように叫び反応する女に好き勝手する男たち。
正気の沙汰ではないですが、自分では絶対にできないことなので、こういう奴らがいるというのも必要悪なのかもしれません。
この映像を少しでも多くの人に見てもらいたいという思いと裏腹に、あまり拡散されると必ずマズいことになるので広めないで欲しいという気持ちもあります。
お願いです。
こっそり共有しましょう。

【内容】
動画ファイル
時間:66分57秒
MPEG-4AVC/H.264
HDサイズ1920×1080(16:9)

タイトル:とある男の忘備録 名前不明