電車痴漢

ポニテのお姉さん。休日の満員電車で上下責め 痴漢記録日記vol.121 1人目


商品説明

白昼の休日。デート前?に車内で上も下も責められるポニテお姉さん
——————————————
これから大切な人に会うのかドラッグストアで、ちょっとメイク直しとお買い物をしているポニテのお姉さんを発見。
キョロキョロしてるので土地勘がなさそうなのと都内の気温にあっていない服装をしていたので地方のお姉さんと判断。休日のラッシュ時だったこともありタゲに。
意外と怖い地方系。吉とでるか凶とでるか…

[0:00~1:50]駅の地下街をウロウロしたのちドラッグストアに入店。すぐに化粧品コーナーのお試しゾーンでお化粧直し。せこい気がしますが堅実的な性格と言えばそうなんでしょう。フレア型のスカートなのでわんちゃんパンチラいけるかなと思ったのですが位置が悪く失敗。そのまま案内板を確認しながらホームへ向かうお姉さんにそろそろとついていきながら追尾。乗り込みに成功します。待っているときに祈るように手を前に組む仕草を見せるのですが気が弱い娘の特徴なんですね~。楽しみです。
[1:50~3:39]乗った位置が非常悪いお姉さん。四方八方おじさんに囲まれてます。あれ、今日休日だよね?と確認したくなるぐらい場にそぐわない人たちに囲まれています。電車が進むにつれて少し空きスペースができてほっとした様子のお姉さん。右前のおじさんのつり革を持つ手がちょっと怪しいですね…大丈夫でしょうか。と思いきやいきなり下から来ちゃいます。
[3:40~6:32]後方から妙な気配をお尻に違和感を感じて少し振り返るお姉さん。すぐに気のせいか。と平常運転に戻りますが。刻々と痴漢が距離を縮めていきます。揺れに合わせて違和感のないように、そして様子を伺いながら「仲良く」なれるかどうかを確認しながら…
[6:33~7:38]鞄の紐をギュッと握りなおす瞬間。「確信」に変わった瞬間でしょうね。前かがみになりギュッと縮こまります。その時下半身ではしっかりともうスカート内に手を入れられており。ご丁寧に優しくお尻をなでなでされています。きっとこのまま頑張って耐えればいいのだろうと思っていたのでしょうか。違いますね。本物の痴漢は違うんです。
[7:39~8:47]まさか。とうい反応をしてるんですね。パンストの中に手が入ってきちゃいましたよ。パンティの上から膣付近を指の腹でこすこすされます。エスカレートしてきたタイミングで乗降がありますが痴漢は気にせず続けます。その信じられない図太い根性に驚きを隠せない様子のお姉さんですが、この後もっと驚きます。
[8:48~10:23] 直マンです。パンスト→パンティ→直。しっかりと順番を守る紳士的な痴漢なんですね。驚いた時には時すでに遅し。下だけではなくおっぱいもモミモミされはじめちゃいます。これが囲いの怖いところ。同時に抵抗するのが非常に難しいんですね。抵抗しようにも恐怖に負けてしまい、耐えてすぐに降りれそうな駅で降りそうとするお姉さん…降りる準備をされながら手マンされまくってます…素の表情なのし下では恥ずかしいことになっているのがたまりませんね。
[10:24~10:42]案の定、これからってときに降りちゃいました。乗り換え、戻りで再度責めようかと思ったのですが女子トイレに入って15分以上出てこなくさすがにリスクがあるのでリリースしました。

地方の真面目な娘が、大人になってちょっとデビューした感じですね。
軽装なので地元から仕事で引っ越した彼や友達に会いに来た印象です。
受け入れる様子も、抵抗する様子も目立ってありませんがジッとこらえる表情となんといっても「普通」のお姉さんであるということが一番のポイントかなと。
そのあたりささる方にはおすすめです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

タイトル:ポニテのお姉さん。休日の満員電車で上下責め 痴漢記録日記vol.121 1人目