イジメ痴漢

《ブラック校内行事》G大付属学園祭・生◎会女子委員連れ込みイタズラ行為



商品説明

数年前からボディトリートメント・マッサージを開業している者です。

2年ほど都内のマッサージ店で働き、リンパリファインセラピスト・アロマテラピー検定1級等の資格を取得して都内近郊にて個人でボディトリートメントの店をオープンしました。

お恥ずかしいのですが私自身がかなりの女好きということもあり、女性向けに特化したお店つくりや格安のレディースデイを設けて女性のお客様の獲得に注力してきました。

お陰様で学生の若い方からビジネスウーマン、キレイな主婦の方など幅広くの客層を開拓することができました。

最初は男のマッサージ師ということに警戒感もあるようでしたが、施術していくうちに徐々に性的快感を感じられるお客様が非常に多い事に気が付きました。

戸惑いながらも施術の一環として受け入れ、身体を任せていくうちに段々と快楽に溺れてアソコをぐっちょりと濡らしてしまう様子がたまりません。

いけないこととは思いつつも小型のビデオカメラを設置し、施術しているところを撮影するに至ってしまいました。

この子はおそらく10代の学生さんでした。

あどけなくてかわいらしいお顔に成長途中のスレンダーボディが魅力的でございます。

まずはいつも通り背面をオイルたっぷりでマッサージしてあげます。

座らせて後ろから入念にお胸のマッサージ。

少し動揺していた様子でしたが、しっかりとマッサージの効能を説明して若い女性特有のハリと弾力のあるお胸の乳腺に沿って下からゆっくりと揉み上げていきます。

お胸を好き放題に揉まれながら気まずい表情を浮かべて落ち着かない様子でしたが、乳首は指が擦れるたびにどんどんと硬く隆起してきました。

流した老廃物を体外に排出するため硬くなってきた乳首をキュッと指で摘まんであげると、身体をもじもじとよじらせながら「これも…意味あるんですか…?」と疑っておられましたが、こちらも効能を説明しながら乳首をクリクリしているうちに切なげな吐息が漏れ聞こえてきます。

鼠径部の際どい部分に指を這わせてマッサージしてあげながら少しずつ指をアソコに近づけていくと、不安気にキョロキョロと周囲を見回しておりましたが、少しずつにウットリとした表情で吐息が荒くなってきました。

紙パンツの中に手を突っ込んで両側の鼠径部をマッサージしながら股間を外側から包み込んでいきます。

感じてしまうのを我慢しているように唇をぎゅっと噛みしめておりましたが、さりげなく中心部に触れてみると大量の愛液が溢れ出しているではありませんか。

濡れてしまっていることをお伝えすると気まずそうな表情を浮かべておりましたが、サービスの一環としてオイルと愛液でヌルヌルになってしまったクリトリスをゆっくりと擦ってあげます。

「あの…もう大丈夫です…」遠慮されておりましたが、膣内に指を挿入してGスポットを刺激しながらクリを擦ってあげると、かわいらしい声で喘ぎながら身体をガクガクと震わせて感じまくっているではありませんか。

ビンビンに勃起したムスコを触らせてあげようとすると「いやです…やめてください…」と口では拒否されておりましたが、本心ではきっと私のムスコが欲しくて仕方ないはずなのでお口でたっぷりと咥えさせてあげました。

ここまで来たら最後までお付き合いしなくてはなりません。

紙パンツを脱がせようとすると若干抵抗しておりましたが、彼女の本能は私のムスコを欲しているはずなので少々強引に脱がせて膣の奥まで一気にぶち込んであげました。

ぐっちょりと濡れているにも関わらずあまり使用されていないであろうキツくて締まりの良い膣内をゆっくりとピストンして慣らせてあげます。

こんなに若くてかわいい女の子が快楽に溺れた表情でいやらしく喘いでくれるので、私も思わず力が入ってしまい激しく擦り突いてあげると華奢な身体をよじらせながらまんこを締め上げて絶頂してしまっているようでした。

バックでもか細い腰を掴みながら壊れるくらいにたっぷりと突いて大人の快感を身体に刻み込んであげ、騎乗位になるとぎこちないながらも自ら腰を動かして気持ちいいポイントにムスコを擦っている様子でした。

私も大興奮してしまい、最後は正常位で彼女の身体中に大量の精子をぶちまけてしまいました。

動画時間:41分44秒
フレーム:1920×1080
ファイル形式:MP4