昏睡・泥酔・睡眠痴漢

大晦日直前 忘年会 黒レザーミニ金髪ギャル 破いた黒ストにぶっかけ痴かん Dカップ 媚⚫︎



商品説明

今年も私にとって辛く苦しい1年だった。
??撮で前職を解雇され、それから軽バンの配達ドライバーへ再就職した。
もちろん会社員でなく、私は個人事業主という最弱の立場である。
大晦日も元日も、私に休暇などない。
私の体を酷使しなければ、お節料理も餅も食うことはできない。
私はそれほどに肉体を酷使し、今年も一生懸命に労働した。

しかし、今時の若い女はどうだ?
「頂き女子」というニュースを見たことはあるだろう。
詐??行為をマニュアル化して販売、モテない男から金品を巻き上げ
その金をホストに使うとは言語道断。
その金はどうやって稼いだと思う?
私のように肉体を酷使し、汗水たらし懸命に稼いだ金だ。
この生意気で胸クソ悪い若い女には、社会の恐ろしさと厳しさを叩き込んでやらねばならない。
そう思い、大晦日直前の新宿へ車を走らせたが、年末年始の帰省ラッシュがスタートしていることもあり、師走の新宿は人通りが少なく寂しさが増した。

私は焦っていた。
大晦日はカウントダウンがある為に、警戒が厳く女を連れ去ることは不可能に近い。
「今日が年内最後の狩りだ」
不完全燃焼では終われないと強く思った。
だが、この日は私の知るスポットを何度見回しても、潰れている女は見つからない。
終電時刻が近づき、私は閉店した地下街へ侵入してみた。
終電前は駅に向かう途中で潰れてしまう女が多い。

やはり私の嗅覚は正しかった。
閉店している地下街をフラフラと歩く金髪のギャルとすれ違った。
見た目は20代半ば、髪の毛は金髪のロングヘア。
正にギャルだ。
灰色のロングコートに黒い薄めのストッキング、足はすらっと長く美脚だ。

私はすぐさまに尾行を始めた。
歩く姿からは「限界が近い」様子が伺えたが、まだ一応は歩いているから意識はある。
私は我慢し、後ろから見守り続けた。
しばらくするとフラつく女は、灰色のコートからスマホを取り出し
誰かと電話をし始めた。
私は内心「しまった」と思った。
もしかすると彼氏や友人と合流してしまう可能性がある。
金髪ギャルの裸を拝んでやりたいが、ここまでかと思ったその時
女は電話をしたまま、閉店した地下街の階段に座り込んだのだ。

私の姿が見つからないように、隠れて電話の内容を聞いていると
何やら恋人との喧嘩らしく、女は電話の相手の居場所を執拗に尋ねていたが
結局、相手の居場所は答えてもらえず電話を切られたようだ。
それはそうだろう。
女は明らかに呂律が回らず、誰が聞いてもシラフではない口調だった。
そして電話を切られた様子の女は、一人階段に座り下を向いたのだ。
この瞬間、私の脳内でアドレナリンが大量放出された。
まもなく大晦日、やる以外の選択肢は残っていなかった。

私は昼間の配達よりも迅速な速さで、軽バンを取りに戻った。
車を路上に停め、地下への階段を駆け下りると金髪ギャルはまだ座り込んでいた。
それはそうだろう。
もう地下通路は閉まる時刻だ。
この時間帯にここに座っているということは、この女はもう半分夢の中だ。

軽バン配達員:「タクシー乗り場か交番までお連れします。」

そう声をかけると同時に、女の腕を肩に回して持ち上げた。
もう恐怖などなかった。
大晦日を前にして、何の娯楽もない私にとって
この金髪ギャルは1年頑張った自分へのご褒美だからだ。
何とか階段を登り、軽バンの荷台へ新鮮な金髪ギャルの積み込みは完了した。
この後の出来事は実際の映像でお愉しみください。

動画時間:約40分37秒
フレーム:1920×1080
サイズ:約1.37 GB

関連作品