悪徳医師・産婦人科痴漢

【女医の職権乱用vol.08】アナル丸見えお尻突き出し診察:羽田汐里【後編】



商品説明

こんにちは。

産婦人科の女医をしております。

私の性的指向は同姓。
レズビアンです。

産婦人科を希望したのも、
そのような理由です。

産婦人科には色々な悩みを抱えている女性が来院します。

生理不順、不正出血、更年期障害。
不妊。妊活。中絶。

不安や悩みを抱えている時というのは、
人に隙を与える時間でもあります。

患者さんは私の行為を受け入れます。

多少の不信感は抱くかもしれませんが、
口にする事はほとんどありません。

私にされるがまま、身体を弄ばれる。
可愛らしい患者さんの姿が垣間見れます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回、来院されたのは「羽田汐里」さんです。

生理痛が酷いとの事でしたので、
緩和されるようゼリーでマッサージを行いました。

お胸の触診で乳首の感度が良いのは、コリコリに起った勃起乳首が物語っていました。

診察台に横になった状態での診察も、

始めは乳首を中心に刺激していきます。

乳首を指で弾くと彼女の身体はびくんと跳ねて、

耐え難い快楽に身体が反応してしまっています。

下腹部での診察ではゼリーで、生理痛の緩和施術を行いました。

リンパ節をなぞりがら、彼女の秘部周辺を刺激します。

剛毛な彼女の陰毛から覗くクリトリスと穴は湿り気を帯びていて、
ツンと私の鼻を刺激してきます。

背面になって頂き、お尻を突き出した状態での診察では、

彼女のお尻の穴がヒクついているのが見て取れます。

穴の状態を見る限り、開発はされていないようですが、
彼女の性感帯はそちらに潜んでいるのかもしれません。

彼女のおマンコを拡張させると、

お尻の穴に突っ込んで欲しいと喘いでいるように
ヒクヒクさせている姿はとても可愛らしかったです。

彼女の診察は以上ですが、

もし彼女が再診に来られた時は、お尻の方を刺激強めに診察を行えたら
彼女はどんな喘ぎ声を聴かせてくれるのだろうかと楽しみでなりません。

時間 + 19分27秒
サイズ + 1920*1080
音声 + 加工修正あり