マッサージ・エステ痴漢

セクハラボディトリートメント #117


商品説明

数年前からボディトリートメント・マッサージを開業している者です。

2年ほど都内のマッサージ店で働き、リンパリファインセラピスト・アロマテラピー検定1級等の資格を取得して都内近郊にて個人でボディトリートメントの店をオープンしました。

お恥ずかしいのですが私自身がかなりの女好きということもあり、女性向けに特化したお店つくりや格安のレディースデイを設けて女性のお客様の獲得に注力してきました。

お陰様で学生の若い方からビジネスウーマン、キレイな主婦の方など幅広くの客層を開拓することができました。

最初は男のマッサージ師ということに警戒感もあるようでしたが、施術していくうちに徐々に性的快感を感じられるお客様が非常に多い事に気が付きました。

戸惑いながらも施術の一環として受け入れ、身体を任せていくうちに段々と快楽に溺れてアソコをぐっちょりと濡らしてしまう様子がたまりません。

いけないこととは思いつつも小型のビデオカメラを設置し、施術しているところを撮影するに至ってしまいました。

この子はおそらく20代前半の女性かと思います。

非常に整っ美しいお顔に、高身長でスラっとしたスレンダーボディがとても美しいです。

話を聞いてみると本物のモデルさんらしいのでスタイル抜群なのも頷けます。

まずはいつも通り背面をオイルたっぷりでマッサージしてあげます。

座らせて後ろから入念にお胸のマッサージ。

「え?ちょっと…」とかなり驚いていたご様子でしたが、お胸の形をキレイに保つこともボディトリートメントの一環です。

私にお胸を触られるのは抵抗があるみたいでしたが、効能を説明してご納得いただき、形の良い美乳を乳腺に沿って下から持ち上げるようにして揉み込みます。

指が擦れるたびにどんどんと硬くなってくる乳首を優しく刺激してあげると、呼吸を荒げてウットリとした表情に変わっていくのが見て取れます。

仰向けに寝かせてからさらにお胸の形を整えつつ、鼠径部のリンパもゆっくりと流してあげます。

太ももの付け根に指を這わせてマッサージしてあげながら股間の中心部に近づけていくと「あの…ちょっと…!」と身体をビクビクさせながら私の手を止めようとしてきます。

しかし迫りくる快楽に耐えきれなくなってしまったのか、徐々に息遣いは荒くなり時折切なげな声を出して感じてしまっているようでした。

紙パンツの中に手を突っ込むと非常に戸惑っておりましたが、既に気持ち良くなってしまっていることは察しておりましたのでそっと股間の中心部にも指を這わせていきます。

やはり愛液が溢れ出さんばかりに溢れ出してきておりましたので、サービスの一環としてヌルヌルになっているクリトリスを優しく擦ってあげます。

オイルと愛液でぐちょぐちょになっているクリと擦ってあげると、我慢できないといった様子で身体を大きくよじらせながら激しい喘ぎ声が漏れ出してきてしまいました。

膣内に指を挿入しGスポットを刺激してあげているうちに「あっ…!ダメっ…イク!イっちゃう!」と大きく身体を痙攣させながら絶頂してしまったようでした。

彼氏がいるような感じで話しておりましたが、やはり私のボディトリートメントの前には貞操観念は崩れ去ってしまうのでしょう。

ギンギンに勃起したムスコをキレイなお顔の前に差し出すと、戸惑いの表情を見せつつも少しずつ咥え込んでしまう美女の姿がたまらなく愛おしいです。

ここまできたら私も最後までお付き合いしなくてはなりません。

かなり戸惑いを見せておりましたが、身体では私を求めておりましたのでぐっちょりと濡れぁ鉸は何の抵抗もなく奥までズッポリと入ってしまいました。

子宮に擦り付けるように激しく腰を動かしてあげると、一際大きな声で喘ぎながら「だめ…!イクイク…イクゥ!!」とまんこを締めあげながら中でも絶頂してしまいました。

バックや騎乗位でも膣の奥まで当たるように激しく突いてあげると身体をビクビク痙攣させながら何度も絶頂してしまいます。

彼女のような現役モデルの高嶺の華のような女性が淫らに腰を動かして快楽の渦に飲み込まれていく様子はいつ見ても素晴らしいものです。

お恥ずかしながら私も興奮してしまい、最後は正常位で大量の精子をスレンダーボディにぶっかけてしまいました。

動画時間:39分22秒
フレーム:1920×1080
ファイル形式:MP4

タイトル:セクハラボディトリートメント #117